お知らせ

九州の東端、佐伯市鶴見半島の外れにある当施設に足を運んでくださる皆様、いつもご利用いただきありがとうございます。
またホームページも日頃ご覧いただき誠にありがとうございます。

ホームページも新しく開設したため、まだインターネット等では旧情報が掲載されているところが多くあります。
特に以前、ご来館いただいた皆様には物足りなさを感じることがあるかもしれませんが、これまでの経緯も含め、現在のご利用の方法、お問い合わせ先など正しい情報を以下にご案内させていただきます。

<ご宿泊できる施設>

【旧】定員5名「バンガロー」、定員10名「宿泊棟」、定員5名「カメハウス」

【新】定員5名「バンガロー」定員10名「宿泊棟」、定員5名「カメハウス」、キャンプ

今は「カメハウス」のみご宿泊可能で、キャンプのできるフリーサイトでテント3張りまで受け付けしています
シャワーやお風呂のある管理棟も使用できません。

現在、利用できる施設↓

<ご予約・お問い合わせ>

ご予約はお電話(080-1335-9748)、メール(hazako.nc@gmail.com)、ホームページ、どの方法でも可能です。
オンライン宿泊予約サイトは「なっぷ」で予約ができます。
その他の外部サイトではご予約はできません。また、これまでの固定電話(0972-34-8448)はつながりません。

また「新しいおおいた旅割」は使用できませんのでご注意ください。

<生き物について>

現在、飼育している生き物はいません。

ウミガメは冬季、水槽の水温が低下するため、海へ放流しています。
また現在、保護水槽への水をくみ上げるポンプが故障したため、今後の稼働は未定です。

定置網に混獲されたウミガメの標識調査は引き続き行っていますので、定置網に入った時標識装着後に「ウミガメ放流見学会」を開催しています!

ヤギ、展示室の淡水性カメは前使用者が引き取ったため、いなくなりました。

<運営について>

NPO法人による運営から、現在、個人経営に運営体制が変わりました。

体験プログラムも体験をするための機材等が準備できているものから始めています。
以前より体験できるプログラムは少なくなっていますが、基本的に1回の体験は1組限定となりますので、よりゆっくり体験ができると思います。

営業時間については、基本無休で営業していますが、日中は漁師の仕事もしていることもあるので、ご利用の際は事前にご連絡またはご予約ください。
SNSで当日の状況等も更新していますので、ぜひフォローもお願いいたします。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようによろしくお願い申し上げます。

カメハウス🐢小出